2017 09 << 10- 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブログ復活!
- 2011/10/26(Wed) -
こんにちは、
1年半ほど前から高血圧症に悩んでいたおやじですが、首裏や手先に電気が走るような痛みが現れ、ついに病院へ・・・
メタボなどからくるものではない遺伝と加齢からくる高血圧症のようで、今後は永久に薬を飲み続けなくてはならないようです。
とりあえず1ヶ月間降圧の薬を飲み、その後は症状に合った薬が処方されるようです。(涙)

血圧管理手帳と薬
   ↑ 血圧管理手帳と高血圧の薬

高血圧症及び腰痛により体調も悪く、ブログをやめようと思うほどの時期が何度か訪れ、以前のブログ「たかさんの茨城放浪記」を閉鎖したくらいです。
今後、薬漬けになるおやじは、ある意味鬼に金棒なのです!
ブログ閉鎖後も密かに現ブログを立ち上げていましたが、旧ブログである「たかさんの茨城放浪記」と合体致します。
再度「たかさんの茨城放浪記」として細々と更新していきたいと思います。
また、ランキングにも参加したいと思いますので、今後とも応援のほど宜しくお願い致します。

合体したブログはこちらです。 → 「たかさんの茨城放浪記」
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
榛名湖
- 2011/10/25(Tue) -
渓谷を後にしたおやじは、今夜の宿泊地である高崎市を目指します。
途中、榛名湖へ寄ってみました。
面積1.15km・水深12.6mと以外に浅いのです。
近くには伊香保温泉もありますね。

榛名湖と榛名山
   ↑ 榛名湖と榛名山

夏季は湖畔ではキャンプ場になり、バスフィッシングのメッカとまで言われているようです。
冬季は結氷しワカサギ釣りやスケートなどが楽しめるようです。

「榛名湖」
場所:群馬県高崎市榛名山
この記事のURL | 関東地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
吾妻渓谷
- 2011/10/24(Mon) -
ここは、群馬県吾妻郡東吾妻町長野原町付近の「吾妻渓谷」です。
吾妻川に架かる雁ガ沢橋から八ツ場大橋までの約3.5kmにわたる渓谷で、火山が噴きだした溶岩を川水が深く浸食してできたもののようです。
川原湯温泉駅付近から遊歩道がありますが、先を急ぐおやじはR145沿いからの景観を見物です。

瀧見橋からの吾妻渓谷
   ↑ 瀧見橋からの吾妻渓谷

少し下った渓谷PAからもなかなかの眺望なのです。

案内板
   ↑ 吾妻渓谷の案内板
渓谷
   ↑ 渓谷PAからの眺望

これからの紅葉の時期は圧巻の光景でしょうね。
しかし、建設の進む八ッ場ダムは渓谷の中途に作られており、完成の際は川原湯温泉を含む瀧見橋付近までダム湖に沈むこととなってしまいます。
数年後には二度と見ることが出来なくなる吾妻渓谷を訪れてみてはいかがでしょうか!
時間の許す方は、遊歩道をのんびり歩いてみてはいかがかな。

「吾妻渓谷」
場所:群馬県吾妻郡東吾妻町長野原町付近
この記事のURL | 関東地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手打ちそば「水車小屋」
- 2011/10/23(Sun) -
手打ちそば「水車小屋」

穴地獄を後にしたおやじは、小腹が空いたので草津温泉を下る途中にある手打ちそば「水車小屋」に来ました。
茅葺屋根の店内には、囲炉裏席と小上がりに4卓があります。

店内
   ↑ 店内

お品書きを拝見したおやじは、舞茸そばを注文です。¥1000
他には、舞茸そば(手打ち¥1300)・手打ちざるそば¥880・ぶっかけ手打ちそば¥1000・手打ちとろろそば¥1100・手打ち天ざるそば¥1600・おろしざるそば¥800(手打ち¥900)・鴨汁そば¥1000(手打ち¥1230)・キジ鍋せいろそば¥1370(手打ち¥1620)などがあり、機械打ちと手打ちが選べます。
観光地価格なのか、ちょっと高めな価格設定ですね。

舞茸そば
   ↑ 舞茸そば
機械打ちの細めなそば
   ↑ 機械打ちの細めなそば

出てきた舞茸そばは、舞茸が天ぷらではなく、煮られています。
そばは手打ちではなく、細めに機械打ちされていました。
スルスルと食せるそばは美味しいですね。
さらに、舞茸も美味しいのです。

おやじの総合評価:★★★★☆

手打ちそば「水車小屋」
場所:群馬県吾妻郡長野原町大字大津1243
TEL:0279-82-3464
営業:AM11:00~PM6:00 水休
この記事のURL | 関東地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
穴地獄
- 2011/10/22(Sat) -
ここは、草津温泉からR292を白根山方面へ向かい、天狗山スキー場を前に中之条(旧六合村)方面へ右折します。

天狗山スキー場
   ↑ 天狗山スキー場

ここからはほぼ道なりで、狭い道に入った先に小さな交差点がありますが、ここも直進します。
少し先でT字路にぶつかり、ここを左折し少し走るとJFE奥草津休暇村の看板を左折します。
砂利道を走ると休暇村が現れますね。
ここの管理事務所で見学料の¥210を払い、進入禁止のロープを各自で外して車で進入します。
もちろん、車を進入させたらロープを戻します。

穴地獄への入口
   ↑ 穴地獄への入口

ここから砂利道を1kmほど行くと10台ほど止められる駐車場があります。
穴地獄へは、ここから300mほど歩くようです。
穴地獄とは硫黄泉などの酸性の条件下のみで生育する特殊なチャツボミゴケ群のことで、本州ではここでしか見ることが出来ませんよ。

滝のチャツボミゴケ
   ↑ 滝のチャツボミゴケ
チャツボミゴケ
   ↑ 最上部のチャツボミゴケ
穴地獄上部から
   ↑ 穴地獄最上部から
チャツボミゴケ
   ↑ チャツボミゴケ

「JFE奥草津休暇村」
場所:群馬県吾妻郡中之条町大字入山字西山13-3
TEL:0279-95-5111
この記事のURL | 関東地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。